千葉県習志野市プラスチック精密成型・加工の京新工業は、高度な樹脂配合・成形技術による新しい製品を生み出し、ご提供します。

会社案内
京新工業のテクノロジー押出成形一般成形・インサート成形道路関連アイテム土木関連アイテム会社案内
トップページ > 会社案内 > インタビュー
会社案内
会社概要・沿革
インタビュー
アクセスマップ
ご質問・見積もりはお気軽に問い合せメール
お電話でも気軽に問い合わせください
Interview/インタビュー
京新工業ならではの“モノ作り”に挑戦します
京新工業株式会社は、プラスチック製品の精密成形・加工分野で、長年の経験と独自のノウハウによる「高品質・低コスト」生産に取り組み、関連各業界の皆様から厚い信頼と高いご評価をいただいてきました。
今後も、各種インサート成形品をはじめ一般成形品、土木関連品等幅広いニーズにお応えしながら、オリジナル製品の開発・製作やプラスチック材料に関する最新情報のご提供、新しく開発された材料に適した用途・加工方法等のご提案にもさらに力を入れ、京新工業ならではの“モノ作り”に挑戦していきたいと考えています。
京新工業株式会社 代表取締役会長 森 元
京新工業株式会社
代表取締役会長 森 元

タイトル
プラスチックとの出会いは?
プラスチックとの出会いは
私とプラスチックの出会いは戦後の復興期にまで遡ります。
当時、日本ではほとんど使われていなかったプラスチック樹脂を輸入・販売する仕事に就き、プラスチックの性質や加工方法を一から研究しながらその普及に努めました。あの頃の“プラスチック製品”といえば、一昔前に家庭で使われていた「黒電話」をご想像いただければお分かりになると思いますが、黒くてドロドロした樹脂を成形・加工した程度のものでした。
やがて、プラスチックの仕事を通して“モノ作り”の楽しさに目覚めてこの会社を立ち上げ、以来40年にわたってプラスチック一筋に取り組んでまいりました。今でも、既存品の改良・改善や新製品の考案、新しい材料の研究・開発等をライフ・ワークとして励んでいます。
タイトル
会社の特徴は?
次々と開発されるプラスチック材料は、それぞれが異なる特性を持ち、その一つ一つに適した用途・加工方法があります。 弊社では、新しい材料に関する最新情報を積極的に収集する一方、素材メーカーが開発中の材料を“テスト用”に入手し、その取り扱い方や最も適した用途・加工方法等についていち早く研究し、関連業界の皆様にさまざまなご提案をしています。
タイトル
主な製品についてお聞かせください。
インサート成形品
“インサート成形”とは、金型に金属部品等をセットしてからプラスチック材料を注入して一体成形する方法で、成形後に部品を組み込む方法と異なり、精密で信頼性が高く、低コストでの製作が可能です。特に、『自動車関連部品』や『電気関連部品』のように、一つ一つに高い安全性と信頼性、耐久性等が求められる部品の製作に適しています。
一般成形品
熱可塑性プラスチック
『熱可塑性プラスチック』は加工しやすいため、幅広い分野で使われています。弊社では工事現場で使用する機器の取って部分を、手袋をしたままや油で汚れた状態でも滑り難い材料や形状を改善する提案や、落下事故被害を少しでも小さくするために、鉄筋の切断面を覆うキャップを一重から二重に改良したオリジナル製品の開発もしています。
熱硬化性プラスチック
『熱硬化性プラスチック』は“熱に強い”という特徴があり、工事現場で使用する大型発電機用部品などにこの材料を使っています。
一般成形品
熱硬化性プラスチック

土木関連品
加工済みのコンクリート二次製品を現場で組み立てる“プレキャスト工法”については、欧州に比べて日本はまだまだ遅れています。そこで、欧州で開催される関連製品の展示会等で情報を収集し、国内の関連各業界の皆様にお伝えするよう努力しています。
間も長いので夜間の視認性も良好です。
弊社が開発した『ワンタッチ垂直吊り上げシステム』は、九州地方を中心にコンクリート二次製品の製造現場や施工現場における省力化とコスト削減のお役に立ちます。また、『反射鋲』につきましても、従来使われている金属製のものに比べて、プラスチック製なら大幅なコスト削減が可能です。さらに、弊社が開発・製造する『蓄光式反射鋲』は残光輝度が高く、残光時間も長いので夜間の視認性も良好です。

タイトル
ホームページをご覧の皆様に、
メッセージをお願いします。
プラスチックは、どのような形状でも成形・加工することが可能です。しかし、一回成形してしまうと変更できません。ですから、さまざまな規格や用途に適ったものを、コスト面でもご満足していただけるよう製作しなければなりません。そのための工夫や努力を、これからも重ね続けてまいります。
関連各企業の皆様とは、プラスチックを通して新しい“モノ作り”をご一緒に創造してまいりたいと願っております。プラスチックの精密成形・加工のことなら、どのような分野の、どのようなご要望にも必ずお応えできると自負しておりますので、ぜひ京新工業に一言お声をおかけ下さい。
ページトップへ戻る