射出成形とは

射出成形(Injection Molding)とは、加熱溶融させた材料を金型内に射出注入し、冷却・固化させる事によって、成形品を得る方法です。

複雑な形状の製品を大量に生産するのに適し、成形加工の一大分野をなしています。

 

当社では熱可塑性プラスチック(汎用プラスチック、エンジニアリングプラスチック、スーパーエンプラ)すべてに対応、製造可能ですので詳細に関してはお問い合わせください。

 

 

熱可塑性樹脂製品

熱可塑性樹脂・・・熱によって溶かして成形を行い、冷やして固める樹脂。

 

基盤やコネクタなど、製品に適した材料のご提案から弊社の“モノ作り”が
始まります。

・スイッチ各種部品

・通信機器部品

・自動車関連部品

・土木,建築関連部品

・家電製品部品

熱硬化性樹脂製品

熱硬化性樹脂・・・熱硬化性とは違い、成形後熱を加える事によって硬化する。再び加熱しても溶けない不可逆性の樹脂。熱に強い特性がある。

 

日用品から外装部品や歯車などの精密部品まで、幅広いニーズにお応えします。

・重電スイッチ部品

・各種ハンドル

・超絶縁部品

・モーター関連部品